ピリオダイゼーションとは??

久々の海外レースへ行くために、成田空港でこのブログを書いています。

「香港」へ行くのに「台湾」って、言っちゃったり、なんだか不安な出だし(笑)
今回はUTMFの練習と位置づけているので、あまりピリピリせず楽しんでこようと思っています。

さて、表題の「ピリオダイゼーション」の件。
よく聞くけど分からないって方もいるかと思いますが、レースを控えている人にはとても大事。

よしっ!あのレースに向けて練習しよう!と思ったその日からレースまでの期間や1年を通してなど、ある一定の期間を期分けしてトレーニングプランを組むことをピリオダイゼーションといいます。

期分けは・マイクロサイクル・メゾサイクル・ミクロサイクルの3つのサイクルに分けます。

*マクロサイクル→計画するトレーニング期間全体を指します。

*メゾサイクル→マクロサイクルを更に細かく区切った期間で通常は3~4週間。サイクル毎に練習の量と質を変化させていく期間です。

*ミクロサイクル→メゾサイクルを更に分解して作られた1週間(3~10日間)のトレーニング期間です。

レースを年に何本も入れている方もいるでしょう。
どのレースも最高のパフォーマンスが出来れば良いのですか、ピークを何回も作るのは難しいです。

ピリオダイゼーションで1番大事なのはいかに目標となるレースにピークをもっていくかという事!!


また、しっかりとリカバリーをとらないと身体は壊れます。

どのレースにピークを合わせるかを考え、それ以外のレースはトレーニングの一環と考えた方が良いでしょう。

今回の香港のレースはまさにそれです。

期分け出来たら、メゾサイクル毎に目的を明確にし、ミクロサイクルである1日1日のトレーニングを決めていきます。

トレーニングを決めるに当たってポイントとなるのは『超回復』です。
聞いたことがある人がほとんどかと思いますが、トレーニングをすると疲労で体力レベルは落ちます。

しっかりと休養を取ることで身体が回復し、強くなろうとします。
適切なトレーニングでは回復しながら体力レベルはあがり、トレーニング強度も段々と上げらます。

休養が短かったり、トレーニング強度をかけすぎると、オーバートレーニングや怪我のもとです。

休養もトレーニングの一環。
しっかりと休養する時間も取り入れてトレーニングの計画を立てましょう!

日本人って、とにかく量をやり過ぎる。
いっぱい走らないと世界でマラソンは勝てないって言ってますけど、本当にそうなんでしょうか??
(大物に噛み付く(笑))

量をやるからいいと言うものではありません。
自分に必要なトレーニングをどの時期どう入れるか。

そして、ランニングエコノミーをどう上げるかが大切だと思います。

仕事やプライベートでなかなかトレーニングの時間が取れない方も多いと思います。
そういった方ほどしっかりと計画し、効率の良い練習をしていきましょう!

さて、私も練習に(ってくらいのが緊張しなくて良い(笑))行ってきます!!

Run For Smile

矢田 夕子のオフィシャルサイトです! 私を通じてランニングは楽しい!!と感じてもらえたら嬉しいです! レース情報、イベントや活動内容などこちらで発信していきます!