上州武尊山スカイビュートレイル レースレポート レース後編

さて、前回からの続き…

食べれずピンチっていうところです。はい。


75km地点のエイドA5では固形物はもちろん、ジェルも入らなくなり、食べられるのはオレンジのみ。
バナナは嗚咽しながら押し込む。

ここからの固形物によるエネルギー摂取は難しいだろうと相方さんが判断し、スポーツドリンクにジェルを溶かして補給する事に。

脚はまだいけそうなのに、食べれず身体に力がない感じ。
前の女性選手とは10分、その前もそんなに離れてはいない。
っていうのは分かっているのに、エイドから出るタイミングが遅くなる。

自分の不甲斐なさで一瞬弱気になり、ゴール出来ないんじゃないかって頭をよぎる。
男っぽい私でもたまには弱気になる(笑)
けど、スグにくっそーって思って自分を奮い立たせ、何とか出発。


ここらからはポールを使う事が出来る。
ポールなんて邪魔かなって思ってしまっていた事をポールに謝りたい。
ポール最高(笑)

身体に力は入らないものの、林道やロードの登りはポールのお陰で走る事が出来た。
後半にしてここまで走れたのはポールのお陰。


ただ、走っても走っても前が見えない。
そんなに差はないし、走っているのに…
悔しい…焦り…夜の暗さが1人の時間をより長く感じさせる。


A7につく頃には前との距離はあき、水分も取れず、嗚咽を繰り返す事に。
あと21km!!ここから下りが多いと聞き奮起しようとするも、上州のコースはそう甘くない…


『もうー!どこまで登るんじゃい!!』


って叫ぶ。
だって、最後の最後まで登らせるんだもん(笑)


残り5km。
街の夜景が綺麗に見え息を呑む。
トレイルレースのこの瞬間がサイコーに気持ちがいい。


帰ってきた安堵感と達成感が包み込む。
ゴールまでの元気をもらい、ラストまではしっかりと走る。


仲間の待つゴールを確認しなんだかんだ笑顔でフィニッシュ!!
【女子総合5位 22時間50分】

初めての行動時間、累積標高、距離となった今回のレース。
終わってみればキツ楽しい長い旅だった…はず(笑)

ただ、山岳レースが苦手な私にとっては予想よりもタイムが良く、自信になったレースになりました!!

補給、給水が課題ではあるものの、そこがクリアになれば眠気もなかったし、まだまだいけると思います。
UTMFの良いイメージが出来ました。

また出たい…かも…しれない(笑)

レース運営の方、ボランティアの方、応援下さった方、サポートして下さったメーカーの皆様本当にありがとうございました!!

終わり


※ここからは、今回のレースの反省を今度出てみたい方の参考になるよう羅列したいと思います。

・前半のコースは急な上り下りがほとんどで、コースに集中し給水を取り損ねる事が多いので注意。
とくに雨でスリッピーな状態が続くとより、集中してしまう。
※ほぼ新品のシューズが泥だらけになりました。(Altra  LONE PEAK3.5)

・コースが急なためシューズ選びは慎重に。大きい目のサイズを選んでしまうと、前に突っ込みやすい。

・ウォーターエイドは水のみなので、電解質系を取れるものを携帯する。

・エイドは充実している。温かいものもあるので有難い!

・スキー場は登りも下りも急なため走り方注意。登りは腰から折れないよう、臀部を使いながら登る。下りは前傾をしっかり取るのも難しいが、後ろに荷重をかけすぎると大腿四頭筋に負荷がかかる。スピードを落とし、その場で足踏みを踏むイメージ。

・ポールはお友達にしておきましょう。

・前半も後半も結局累積標高は同じくらいになります。前半は高い山が続くのでイメージしやすいですが、後半は細かいアップダウンと、スキー場の急な登りで体力が削られます。

・夜は少し霧が出るので、黄色のフィルターがあると良いでしょう。

また何か聞きたい事があれば個人的にご連絡頂ければと思います(*´ー`*)


Run For Smile

矢田 夕子のオフィシャルサイトです! 私を通じてランニングは楽しい!!と感じてもらえたら嬉しいです! レース情報、イベントや活動内容などこちらで発信していきます!